TOP >  ロースイーツセミナーで話題になったこと 重要

ロースイーツセミナーで話題になったこと 重要

先日のロースイーツのセミナーで
話題になった注意すべき点をご報告いたします。

最近ではローのナッツなどを見かけますが、そのまま生で食べてしまう方が
いらっしゃるようですが先日の小川先生のデモンストレーションの時に
熱を加えない場合は必ず浸水をさせるように言われました。
その趣旨については下記のようになります。

『種(たね)は生で食べてはいけない!』
穀類、豆類、種類、ナッツ類にはアブシジン酸(ABA)が含まれています。
ABAは、植物ホルモンの一種で、植物の発芽を調節しています。
玄米や雑穀を含む、すべての植物の種は、子孫を守るため、
動物に食べすぎられないようにするため、落ちても容易に腐らない働きを持ち
発芽抑制因子として働き、植物の発芽を調節しています。
このABAは人体に対して毒作用がありますので、玄米など種ものを食べる時、
これを“無毒化”して食べる正しい知識がないといけないのです。

それが『種子を浸水させること』
熱を加えればABAの働きは当然なくなりますが、生で食べる場合
このABAを不活性化する処理が浸水になります。
アーモンドで8時間~12時間
カシューが4時間ぐらいとおっしゃってました。

レンドルフ-1

このABAは、私達の細胞内のミトコンドリアに対して毒性を持っています。
ミトコンドリアは、体温維持など、エネルギー代謝にとって重要な役割を果たしているので、
悪影響を受けると低体温になったり、免疫力が低下し、病気の要因になることも
考えられますので、生の種子類を食べる場合は必ず浸水が必要となるわけです。

例えば人気のチアシードも適度に浸水させて食べた方が良いことになります。
私ごとですが、自家製のヨーグルトに半日入れてから食べております。

※チアシード
8種類の必須アミノ酸を含むチアシードは「奇跡の植物性たんぱく源」
オメガ3脂肪酸(DPA・DHA・EPA)はイワシやサバなどの青魚に含まれている
栄養素なので、魚を食べる機会が少ない人にもオススメ。
浸水目安は12時間以上と言われています。  ご参考まで

レンドルフ-3